美東中学校 女子ハンドボール部


【美東中学校女子ハンドボール部】

 美東中学校女子ハンドボール部には、2年生7名、1年生5名の12名が所属してい る(2019年10月現在)。昨年度は全国大会にも出場する強豪校で、今年もタイガ ー杯で優勝するなど実力のあるチーム。その強さの秘訣やハンドボールの魅力につ いてお聞きしました。

◆スピードが武器

 美東中学校ハンドボール部は、キャプテンとエースを除いては中学校からハンド ボールを始めた初心者の多いチーム。平均身長もあまり高くないので、スピードを 武器にして戦っているという。そのため、練習では基礎体力作りに力をいれている そうだ。選手たちに部活で大変なことは何か尋ねると「走ること」と答えてくれ、 毎練習2キロ程ランニングしているとのこと。先輩後輩の仲もよく、チームワーク の良さもスピードの速さに繋がっているようだ。

◆ハンドボールの魅力

 キャプテンの美結さんは小学2年生からお兄さんの影響でハンドボールを始め、 「みんなでパスをつなぎ、協力してゴールを目指す一体感がハンドボールの魅力」 と話してくれた。沖縄県代表にも選抜される実力の持ち主であるエースのひじりさ んは、「接戦でシュートを決める瞬間が楽しい」と笑顔で話してくれた。練習前は 笑顔でわきあいあいとした雰囲気の選手達も、練習となると真剣な表情でプレイし ており、一生懸命に取り組んでいる姿がみられた。

◆目指すは全国

 顧問の平良先生は「ハンドボールは状況判断がとても重要なスポーツ」と話して おり、練習でも〝状況判断〟する力を鍛えるメニューが組み込まれている。「当た り前のことを当たり前にできる、積み重ねが大切。部活動以外の面でも、当たり前 を積み重ねていける人に育てていきたい」と指導方針について話してくれた。平良 先生は地域の小学生がハンドボールに取り組めるようにと、約17年前に「コザクラ ブJr.」を設立しており、美東中学校ハンドボール部の経験者二人もコザクラブの出 身。目標は「全国制覇」と掲げており、昨年度全国大会出場を果たした先輩たちに 負けまいと、日々の練習に励んでいる。全国制覇目指して、ちばりよー!美東中学 校女子ハンドボール部!