浦添工業高校 野球部


「キャプテンを中心に」 

 浦添工業高校野球部は現在(2019年7月)2年生9名、1年生6名が所属している。キャプテンは大城弘椰(おおしろこうや)君。6月に開幕した夏季大会で、遊撃手のレギュラーとして活躍してた頼りになる存在だ。大城君に話を聞くと「良いチームにしたいです。面白メンバーも多くて、楽しい雰囲気で野球ができているけど、締めるとこはしめていきたいです。個性が強いメンバーなのでがんばります(笑)」と答えてくれた。新チームとなってまもないが、大城君を中心にしっかりまとまったチームだ。大城君は「まず今は怪我を治してプレーしたい。そして20以上の本塁打を打ちたい」と個人の目標を答えてくれた。

 また、顧問の仲松先生は「大城がしっかりまとめてくれていて、去年よりも声を出して自分で考えて動くチームになっている。」と笑顔。新チームのこれからの活躍に期待大。

「県ベスト4。選手が主役」

 チームの目標を聞くと「どの大会でもベスト4!」と顧問もキャプテンもすぐに力強く答えてくれた。チームでしっかり目標を共有している。新チームで意識統一としてアップをそろえてしっかり声を出すことや、ON.OFFの切り替えをしっかりすることを意識して毎日の練習に取り組んでいる。話を聞くと「朝練で、ずっとアップの練習をしててびっくりしました(笑)。そろえることや声を出すことをチームでしっかり意識できているんだなと。」と仲松先生。朝練や放課後の練習は、基本的に選手がメニューを考えて行なっている。チームの方針や全体で強化したいところを仲松先生と選手が話し合って、練習はキャプテンを中心に決めているようだ。動画サイトなどを参考に練習を決めることもある。「選手が主役。常に考えて行動して取り組む雰囲気を作っていきたい。チームの目標を確認した上で、時間やメリハリのけじめ等、基礎的なことも野球を通して育っていくと良い。」と仲松先生。チーム一丸、ベスト4を目指してちばりよー浦添工業高校野球部。

「令和スイング」

 この日は、浦添工業高校野球部OBで現在東京でお笑い芸人としてか強くしている、金城めくるくん(金城淳平)さんと一緒に取材を行なった。金城さんは、動画サイトYoutubeで、「令話スイング」の指導で注目を集めている沖縄県出身のお笑い芸人だ。金城さんは、一人ひとりのスイングを見て、個人に合ったスイングの指導を行なっていた。

 指導を受けた選手は「動画でみたことあったけど、実際にやってみると難しい。」「参考になった。令和スイングをマスターしたい」と笑顔。指導の合間や練習終了後には、金城さんと選手が非常に楽しそうに会話している様子が見られた。非常に充実した時間だったようだ。

https://www.youtube.com/watch?v=hVadt5xxdu0

記事:翁長 武由

写真:翁長 武由


283回の閲覧