興南中学校 野球部


【31年ぶりの県大会出場を目指して】 那覇市にある興南中学校。その野球部を指揮するのは宮里哲平さん。名門・興南高校野球部出身で甲子園出場経験を持つ指導者である。 興南中野球部には現在17人の生徒が在籍し、日々白球を追っている。高校の野球部グラウンドの隣にあるスペースを使い練習を行っている。主将の小渡君は限られたスペースの中での練習は工夫をして行わないといけないため大変だという。しかしその環境下でも勝てる、勝負ができるチーム作りを目指し、チーム一丸となり興南中学校二期生以来の31年ぶりの県大会出場を掴むため頑張っている。

【元気よく、雰囲気良く、楽しく】 興南中学校野球部を最初に見た印象は雰囲気良く、楽しく練習に取り組んでいると感じた。小渡主将はチーム全員仲が良く、明るい雰囲気があり、野球を楽しめているという。しかし、一人ひとりの個性が強い故にまとまりに欠ける部分もあるとのこと。チームワークが今以上に良くなることで更なるチーム力アップに繋がるのではないか。興南中はグラウンド隣の坂道を使った「電柱シャトルラン」というキツいトレーニングがあるとのこと。そのような苦しく、大変なトレーニングも持ち前の雰囲気の良さを生かし、声をかけ楽しく取り組めているようだ。

【弱いというのを覆す!勝負ができるチームに】 興南中野球部には少年野球を経験していない野球未経験者の生徒も入部があるという。限られたスペースの中で基礎的な練習を繰り返し行い、今ではスタメンを掴むまでに成長しているようだ。 テスト期間を除き、週一回は練習試合を行うことや、興南高校野球部の先輩方の練習や試合が間近で見れる大きなメリットを生かし勝負ができるチームになってほしいと宮里哲平監督。 31年ぶりの県大会出場を目指して頑張る興南中学校野球部の躍進に期待だ!


483回の閲覧