城南小学校 吹奏楽部


「元気いっぱい、活発な活動」 

 城南小学校吹奏楽部は、小学3年生から6年生までの約30名の部員で活動しており、校内でも人気の高い部活動である。ほぼ毎日練習が行われており、指導は先生以外にも保護者や中学の先輩も教えに来るなど、協力的な体制なのが印象的だ。

 明るい雰囲気があり、個性豊かで聡明な子ども達ばかりだと顧問の先生は言う。6年生になるとリーダーとして引っ張っていくことはもちろん、何事にも積極的で新しい楽譜が届くとすぐに演奏できてしまうほどの実力。楽器以外にもダンスやエイサー、空手などの習い事をしている子も多く、元気がよくパワーがあるのが特徴のよう。

 同部では吹奏楽祭や音楽コンクールへの参加、定期演奏会の開催。また、他校と合同演奏したり琉球フィルハーモニー楽団と共演するなど、活発に活動を行っている。音楽を通して楽しいと感じることで、それぞれが更に磨かれていけるよう、日々練習に取り組んでいるようだ。

「みんなで楽しく演奏」

 チームの良いところは、遊びと練習のメリハリがしっかりしていて元気が良いこと。コンクールの後は、お菓子も持ち寄って「おかパ(おかしパーティー)」をよく開くほどみんな仲が良いようだ。仲の良い雰囲気はそのままに、よりまとまりのあるチームにしていきたいと部長が教えてくれた。

 大変なことは、習い事をしている部員が多いため全員そろって練習するのが難しく、また先生が不在の時などは、自分の楽器以外をどのように教えたらいいかが分からず難しいよう。ただ、休日には保護者が先生に代わり指導したり、先輩が練習に参加し教えてくれるなど、協力し合える環境があるのも同部の良さの一つかもしれない。

 みんなと演奏できるのが楽しく、吹奏楽祭では先輩たちと一緒に仮装して演奏した時が楽しかったようで、チームの目標は「みんなで楽しく演奏できること」。練習の際にも一人一人が真剣な眼差しながら、とても楽しそうに演奏していたのが印象的だった。これからも明るく楽しい音色を奏でられるよう、ちばりよー城南小吹奏楽部!


0回の閲覧