名護高校サッカー部


「チームの魅力」

 体育会系の部活特有の上下関係はなく、先輩後輩でもフラットな関係で仲が良い。中学では、バレー、テニス、陸上、バスケなど他の競技をしていた選手が多いが、陸上出身者は足が速い、バレー部出身者はヘディングがうまい等、それぞれの能力をサッカーに生かしている。チーム全体が楽しみながらサッカーに取り組んでいる姿が魅力的だ。

「How about Nago Joccer」

 なでしこジャパン、そして海外のリーグで活躍する選手の排出を目指して1992年に創部された名護高校女子サッカー部。スポーツの原点である「遊び・Play」をテーマにスポーツを心から楽しんでもらうことを大事にしており、外部コーチの長浜永さんの口からは「楽しむために、◯◯しよう!」というフレーズがよく出る。コーチの指導やチームワークを通して、気づいたら個人戦術が向上している、協調生を学んでいるといったトレーニングが提供されている。

「今後の目標」

 目標は九州大会出場。ライバルとして意識しているチームはコザ高校と美里高校。

(翁長 奈七)


0回の閲覧