宜野湾中女子ハンドボール部


「バスケの要素を取り入れた練習」

 宜野湾中女子ハンドボール部では、指導者がバスケットボール経験者ということもあり、通常はバスケの練習で行なっているような練習を同部の練習に取り入れている。例えば、ハーキーステップ。1歩目の動きを素早く動かす練習で瞬発力やダッシュ力を鍛えている。バスケットボールでドリブルしながらディフェンスを空中でかわすギャロップステップなど、高度なテクニックの習得にも積極的に取り組んでいる。

 オフェンスでは、パスを受けたとき両足で着地してから素早く動くこと、ディフェンスでは相手の前に素早く入ることなど、試合を想定した動きを日頃の練習から意識している。

「部活動以外にも積極的」

 同部は、宜野湾市しない一周駅伝大会で「アピール賞」を受賞するなど、部活動以外の活動にも積極的だ。はごろも祭りでカチャーシー大会に出場したり、察度王歴史絵巻行列配役ボランティアに参加したりと地域に根ざした活動をしている。

「3年生最後の中体連」

 非常に仲の良いチームで、特に3年生は1年生の頃からずっと一緒に過ごしてきたメンバーで最後の中体連を6月に迎える。1年生の頃の地区3位という結果を超えるべく、最高のチームワークで中体連へ挑む。

(翁長 武由)