南風原高校卓球部


「卓球の魅力」

 他の競技に比べ才能よりも努力の比重が大きいスポーツであること。身体能力がさほど高くなくても練習と戦略・頭脳戦で勝つことができる奥深さが魅力だという選手や、単純にラリーの楽しさが魅力だと話す選手もいて、それぞれの選手が様々な魅力を感じている。また、卓球で使うラケットは非常に種類が多く、自分にあったラケットを見つけることも卓球の楽しみの1つだそうだ。

「チームの魅力」

 団結力が強く、個人戦よりも団体戦が強いチーム。あまり騒いだりせず、一見クールな感じに見えるが本当は面白いことが大好きでみんな仲良し。人のためになると力を発揮するタイプの選手が多い。

「今後の課題」

 個人戦でもかてるよう、それぞれの力をレベルアップさせていきたい。学業との両立も実現させて生きたい。

「卓球好きが集まる場所」

 南風原高校卓球部では、パラリンピックの代表選手や大学生と一緒に練習することがあり、部員にとっては巧いプレーを間近で見ることができる環境。練習中もお互いの改善点を伝え合い、常に上を目指している。部員たちの練習に取り組む姿勢から、卓球が好きな気持ちが伝わってくる。

(翁長 奈七)


139回の閲覧